2010年7月

とても素敵な広告

みなさんは昨日の土用の丑の日にはうなぎは食べましたか?

なぜこの日にうなぎを食べるようになったかご存知の方も多いと思います。
平賀源内が鰻屋から相談を受けてという例のアノ話です。
このことは明文化されてる事実みたいで
平賀源内が考えたということはだいぶ信憑性が高いようです。

夏バテする時期と夏バテ回復する食べ物を組み合せただけなのに
いまだに鰻屋さんが一年で一番売り上げがあるっていうのはすごいなあ。
なんと言っても平賀源内が生まれたのって1728年です。
280年前ですよ、280年前!40才の時考えたとしても240年前。
そんなに長い間機能する広告は他に知りません。
平賀源内さんについて全然詳しくないけど
この事だけでもずいぶんと才能溢れる方だったことが分かりますよね。

食べた人も体力がついて、鰻屋さんも儲かって、そのことが数百年も続いて行く。
そういうのってとても素敵なことだなと思います。

夏へ!!

週末は麦草農場へ行ってきました。

ここは農作業との引き換えに宿泊と食事を提供してもらえる農場です。
作られるお米、麦、野菜等は全て有機栽培。

数年前から田植え等に参加しているのですが
今年は仕事の都合でどうしても参加できなかったので
田植えの後の草取りをお手伝い。

日頃は、農業とは全く反対の身体を使わない仕事をしているので
いまは筋肉痛に悩まされています。(心地いいですが)
デザイナーを続けながらいかに身体もバランスよく使うか、
そういうことを考えさせられます。

いや、しかし田んぼの泥の中に裸足で足を突っ込むのは気持ちいい。
その情報量たるやネットとかの数万倍なんじゃないだろうか。
「新しい情報を得たければ裸足になれ!」ということなんだろうな。
いろんな意味で。。

最近のコメント