名前は何ですか?

なんで「すいせい」っていう事務所名にしたんですか?って時々聞かれることがあります。
デザイン事務所名はアルファベットが多いので不思議に思われるからだと思います。
詳しく説明するのもアレなので
「いやー、なんとなく」とか「感覚で決めました」とか言って適当にごまかしてるんですが、
実際には色々な思いがあって決めました。

アルファベットではなく
日本語のデザイン事務所名にしようとは始めから思ってました。

日本に生まれて日本の文化の中で育って、
デザインする上で歴史や伝統の恩恵にもあずかり、
そして日本人の為にデザインするのなら
必然的に名前は日本語になるんじゃないかと考えていたからです。

自国の文化に対して自覚的で意識的な姿勢や
英語ばっかり使ってやたらとカッコいいデザインをするのではなく
ちゃんと本質を押さえてますよ、ということも伝えたいと思いました。
他社と差別化が計れるので記憶に残りやすいってことも考慮に入れたと思います。

世の中のデザイン事務所名にアルファベットが多いのは
デザインって言葉や概念が輸入されたものという意識が強いからでしょうね。
デザインって言葉自体が英語なのでしょうがないかもしれないですが
輸入される遥か昔から世界に誇れる優れたデザインは日本にもたくさんありました。
よく引き合いに出す民藝なんかも最高のデザインですし、
書体で言えば江戸文字なんかも日本独自の文化です。
家紋を作り上げた日本人の造形力やセンスも言うまでもないでしょう。

日本語の名前は意外性があるようでお会いした方々には割と印象に残るようです。
ま、僕より「すいせい」の印象が強くて
名刺を渡して「あ、前にもらったことがある」って言われることはご愛嬌ですが。

「すいせい」を設立してから6年が経とうとしています。
長年やってこれたのは100パーセントご依頼いただいたみなさまのお陰だと感謝しておりますし、
そのきっかけに少しは上記のことが関わっていると嬉しいです。

今年もいろいろな方々にお世話になりました。
来年もみなさまにとってよい一年でありますように。

すいせい
代表
樋口賢太郎

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://suisei-suisei.com/blog/20101230102301/trackback/
トラックバックの送信元リスト
名前は何ですか? - すいせいブログ より
最近のコメント