2013年9月

後半

家政大の後期が始まりました。
課題はZINEの製作。

生徒に課題をやらせてばっかりなのもアレなので
これに合わせて僕も1冊つくってみようと考えています。
できあがったらここにアップしますね。
 

掲載されています!

現在発行の書籍にすいせいの仕事が掲載されております。
書店に行かれた際に手に取っていただければ幸いです。

日本語のロゴ
グラフィック社/B5変型判/160ページ

伊藤典礼加茂錦のロゴが掲載されております。

 
 

ペンのデッサン力

古書店でアーヴィング・ペンの写真集を購入しました。

世界で一番好きな写真家は誰か?と聞かれたら
アーヴィング・ペンかも、と答えるくらい好きな写真家です。

どこが好きかと言うとペンの目を通すとありふれた物でも魅力的にみえるところ。

そしてその魅力は、ずば抜けたデッサン力に支えられていると思います。
絵を描いているわけでないのになんでデッサン力?
って思われるかも知れませんが、別にデッサン力って絵を描く力ではないのです。

デッサン力とは「物を見る力」のことではないでしょうか。

いわゆる絵が上手でない人は絵が描けないわけでなく「物が見れてない」のだと思います。
例えばリンゴを描く場合にじっと観察するとそれまで見えなかった物が見えてきます。
意識して初めて見えない物に気付くということは、普段は漠然と目の前の物を見ているのです。

逆にデッサン力がある人は、常に見るということを意識しているので、
リンゴひとつとっても視覚的な情報の蓄積が多い。
斜め下から見たらどういう形になるか、逆光ではどんな色や影になるか、
目を1cmまで近づけて見たら何が見えるか、
ということなどに詳しい人がデッサン力があるのだと思います。

昆虫学者の中にはそらで昆虫を描くことができる人がいます。
常日頃から昆虫をよく観察することで、
昆虫に対する物の見方ができている=デッサン力があるのです。
まあこの場合は昆虫限定のデッサン力ですが。

そして大事なのが写実的な描写力だけがデッサン力ではないということ。
もちろん基礎的には重要だし必要ですが、写実性を再現できる表現手段は現代ではたくさんあります。
それよりも価値があるのは、他人と同じ物を見ていても、
違った見方を提示できることだと思います。
つまらないと思われる風景を見ていても、ここをこういう風に見れば面白いですよ、美しいですよ、
と提示できる方が僕は表現者として優れていると思います。

ペンはそういう意味で、「ありふれた対象から新しい価値を見出す力=デッサン力」が、
とても高い人だと思います。
写真を見るにつけ、人はこんなに美しいんだとか、煙草の吸い殻さえこんなにかっこいいんだとか、
新鮮な感動を与えてくれるからです。

惜しむらくは印刷ではなかなかその良さが伝わりづらいところでしょうか。

2000年に大規模な展示があった際にカタログが販売されていましたが
実物とのあまりにもな差にとても買う気にはなれませんでした。
生きているイカとスルメくらいの差がありました。

それ以来、がっかりするのが嫌で写真集は買わなかったのですが
この本は高精細印刷のお陰か割と再現性が高いと思われます。

あー、願わくば大規模な展示をもう一回みたい。

これによると2015年にSmithsonian American Art Museumで大きな展示やるみたいですねー。
行こうかな。しかしその後、東京に巡回することになったら笑えるなあ。

最近のコメント