train hopper

一編の映画を見るような凝縮されたストーリー性。
じりじりと皮膚を刺激する空気感。
インサイダーにしか撮ることができない被写体のまなざし。

これらの写真には、アメリカで列車の間を非合法に飛び移り移動する、
train hopperと呼ばれる人々が写っています。
被写体との親密な関係性が感じられるのは作者も長い間、train hopperだったから。
作者のMike Brodieは2002年から10年かけて46の州を貨物列車で移動しました。

ラリー・クラーク以来、こういう痛々しいまでに皮膚感覚を刺激する写真には
あまり出会ってなかったなぁ。

思わず写真集を注文してしまった。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://suisei-suisei.com/blog/20130408090634/trackback/
トラックバックの送信元リスト
train hopper - すいせいブログ より
最近のコメント