Dear Photograph

最近ちょくちょく見ているDear Photograph
明快なコンセプトなので、投稿頻度高し。

不思議なのは、全く知らない風景と写真のはずなのになぜかキュンとしてしまうこと。
映画やドラマなどは詳細がわかっているから感情移入しますが
こちらは写真一枚ですからね。
逆にバックグラウンドがあまりわからないから想像がふくらみやすいのでしょうか。

こういうプロジェクトはいいですね。

コメント:2

伊瀬 幸恵 2013/05/21 10:50 AM

うわぁ いいね。 写真にしかできない良さを 写真で伝える事ができてる。あと、銀塩プリントって仕上がりに年代が出たり、劣化が味になったり。。デジタルには無い良さもすごくよくわかる。

higuchi 2013/05/21 2:53 PM

コメントありがとう。

たぶん銀塩プリントが退色する物理性みたいなのが
共感を呼ぶことに関係しているよね。
理屈抜きで感情を揺さぶられるけど
これってただのセンチメンタリズムなのかなとも思う。
どうなんだろう。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://suisei-suisei.com/blog/20130513090953/trackback/
トラックバックの送信元リスト
Dear Photograph - すいせいブログ より
最近のコメント