宮島|宮島焼

先週のつづき。宮島で買ってきた宮島焼です。

ドーナツ型の容器は厳島神社の御用窯として焼かれている酒器だそうで
ちゃんと神紋も入ってます。

穴が空いているのは日本酒をお燗する際に熱効率を上げるためとのこと。

調べてみると似たような形の酒器は各地にあるようです。
このユニークな形を誰が考えたのかわかりませんが、ローカライズされて広まっているのをみると
形が面白いだけでなく、ちゃんと機能的だったのでしょう。
高知では黄瀬戸っぽいし熊本では焼酎を燗するためか天目っぽい仕上げになってます。

文化の豊かさとは多様性で量れるのではと考える今日この頃であります。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://suisei-suisei.com/blog/20130819092348/trackback/
トラックバックの送信元リスト
宮島|宮島焼 - すいせいブログ より
最近のコメント