見る力と考える力の先

最近スタンフォード大や日本の一部の工科大などで、
第二のスティーブ・ジョブスを目指せとばかりに
デザイン的な感覚を教える工学部などが増えているらしい。

確かにスティーブ・ジョブスは美的感覚に非常に優れたエンジニアであり、
文系と理系の交差点に立てる希有の人物であることは間違いないのだが
そもそも一般大学と美術大学とでは、求めるものと学生の質が大きく異なっている。

まず一般大学が学生に求めるのは「考える力」である。
義務教育で長年はぐくまれ、入試で試される学力がこの力を指す。
テストだけで「考える力」が判断できるかは置いておいて
大学としては成績が良い生徒を合格させたいのではなく
「考える力」を持つ生徒が欲しいのだと思う。
成績というものはあくまでも「考える力」から導かれる
結果に過ぎないだからだ。

一方の美術大学で求められるのは「見る力」である。
美術大学でもある程度の「考える力」は必要だが、当然「見る力」が最も重視される。

見る力とはひとことで言うとデッサン力のことだ。
デッサン力とはここでも書いているように描ける力ではなく、
ものをきちんと見ることができる力を指す。
なので網膜に映る全てのものをおろそかにせず常に意識化し、
形や色や質感や陰影やパースペクティブなどを自分の手中におさめていく過程が
デッサン力を高める際には必要になる。
美術系に進む学生は誰に教わることもなく
絵を描いたりしてこの力を幼少期から訓練している。

つまり大学に入ってから「見る力」を養おうとしても遅きに失するのだろうし、
入試によって選ばれた学生の質も美術系とはだいぶ異なるだろう。

ではなぜスティーブ・ジョブスは両方を兼ね備えていたのかと言うと
教育の云々ではなく(実際に大学にもほとんど行っていないので)、
シンプルに人並みはずれた才能があったからだと思う。

エンジニア的な素質までは僕には判断できないので、
ダヴィンチ的な天才かどうかはわからないけれど、
グラフィック的な感覚について言えば、第一線で活躍するデザイナーとほぼ同等か
それ以上の実力を有していたのは間違いない。
例えば、スティーブに代わって、現在Appleのデザイナーのジョナサン・アイブが
iOS7以降のインターフェイスをディレクションしているが、前の方がはるかに良い。
スティーブの行き過ぎたスキューモーフィズム(バーチャルな物質感)を軌道修正して
フラットな方向に舵を取りたいのはわかるけれど、
トータルで使って楽しいデザインにはなってないと思うし、
色使いもやけに蛍光色っぽくて気持ち悪い。
スティーブがその道のプロよりもデザインをわかっていたのは
才能としかいえないのではないだろうか。

ではどうやったらスティーブみたいな才能を育てていけるのかと聞かれれば
まあ、生まれついての物なので、そういう人は何もしなくても育ちますよと答えるだろうし、
教育方法としては「価値をつくる力」を育てる方が大事なんじゃないかと思う。
「考える力」や「見る力」はあくまで手段であって目的ではないからだ。

日本の「ものづくり」が低迷しているのも
このあたりのシフトチェンジがうまく行ってないことが原因ではないだろうか。

いくら高度な技術力を有していたとしても、
あるいは高度な技術力によってものを作り出せたとしても、
価値があるものをつくれない限り意味はない。
逆に目指すべき価値さえわかっていれば、技術力を世界中から集められる時代に来ているし、
実際にAppleはそのようなやり方で世界を変えて来た。

この先、価値をつくれない企業や国は、つくれる側の経済的な植民地になるしかない
暗い未来が待ち受けていると思う。

学校でもそろそろ「見る力」と「考える力」の先を教え始めてもいいのではないだろうか。

コメント:4

いせゆきえ 2014/05/04 12:23 AM

ゼロからものを創るではなくて、
既にあるもののなかの良さを再発見できる力等が、
ここまできた日本社会には必要なのかなぁとはうすぼんやりと感じているよ。

やや脱線するけど、いわゆる研究職の人達の視点や知識と
デザインがうまく交わると楽しい事が沢山できそうだなと思ったり。

higuchi 2014/05/04 11:21 AM

ゼロからってのは難しいから、そっちのほうがいいかもね。完全なオリジナルとか考え始めるとわからなくなるし。

日本は研究職や専門性のレベルは高い国だからそういった分野とデザインがもっともっと交わるといいと僕も思います。しかしうまくやるにはセンスが要るんだよねー。センスを高める教育ってのが必要なのかな。

いせゆきえ 2014/05/28 1:19 PM

センスね〜 上海にいるとフランス人のノリと中国人のノリは限りなく近いと感じます。イタリア人もそうかな。いわゆるアバウトというか。
でも創り出すものはものすごく洗練されていたりするのは何故だろうと思う。
なんだろうね?センスって美的感覚だけでないし。あらゆる方面でのバランス感覚というか、さじかげんというか。。そういう意味でジョブスさんのいるものいらないものの判断の仕方とかはまさにセンスがあったなと思う。

樋口 2014/05/29 1:55 PM

僕の中でのセンスは美的感覚ってよりも、普通や平均や標準が分かる感覚かなあ。普通というゼロの目盛に足したり引いたりできる能力。普通がわからないといいものをつくるのは難しいと考えています。常識、一般教養って言葉でもいいかも知れない。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://suisei-suisei.com/blog/20140421074439/trackback/
トラックバックの送信元リスト
見る力と考える力の先 - すいせいブログ より
最近のコメント