Q グラフィックデザインとは?

gd2

◎問題解決であること
困っている状況や伝えなければならないことの最適解。

印刷などで複製できる方が問題解決には向いている場合が多いので
複製できるもの=版があるもの=グラフィックデザインという認識もあるかもしれない。
しかしポイントは問題解決できるかどうかなので
このように一点ものでもデザインになりうると考えるし、
版画のように大量に複製されたとしてもアートの領域を出ないものもある。

◎平面であること
三次元的情報や混沌とした要素を捨象し、平面に置き換えることが本質。
歴史的には紙媒体との結びつきが強いが、
本質は2Dであることで、グラフィックデザイン=紙ではない。

◎絵的な面白さがあること
具体的には構図、形、色などの面白さがあるか。
ひとつではなく、3つの要素が組み合わさっていると望ましい。
世間ではこの部分だけがグラフィックデザインだと思われていることが多い。
 

以上、いまの時点で考えるグラフィックデザインの定義でした。

 
※2017.06.5追記しました。

コメント:2

オカダ 2017/08/08 4:23 PM

グラフィックデザイナーをしておりますオカダと申します。
どこからかすいせいさんにたどり着き、ブログを楽しく拝見しております。
文章がとても分かりやすいので、全ての記事を読み返しました。
その中でも、このデザイナーのトリセツはそうそう!と思わず言ってしまいそうな内容でした。
私もデザイナーって何をしているのか?デザインってなにか?と聞かれたとき、相手も私もしっくりくる説明ができなかったのです。この記事を読んで、今度からこんな風に説明すれば良いかも!と少し嬉しくなりました。
素敵な記事をありがとうございました。
ワークスの更新も楽しみにしております。

higuchi 2017/08/09 8:35 AM

オカダさんはじめまして。コメントありがとうございます。励みになります。
全部お読みいただいたとのこと恐縮です。けっこうなボリュームだったと思うので、 景品でも差し上げたいくらいですw。
デザインを説明するのって難しいですよね。デザイナーにとっては当たり前なことばかりなので、うまく説明できない気持ちはよくわかります。僕もどう言語化すればいいのかいつも悩んでます。
近々ウェブ&ブログをリニューアルしますが、引き続きよろしくお願いします。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://suisei-suisei.com/blog/20170515085019/trackback/
トラックバックの送信元リスト
Q グラフィックデザインとは? - すいせいブログ より
最近のコメント